【車業界の闇】車買取のトラブル!二重査定(再査定)とは?トラブル事例と対処法

車買取によるトラブルで特に耳することが多いのがこの「二重査定による減額」となります。
【二重査定(再査定)】とは車の売却契約締結して車両を引き渡しまで終わった後に「キズへこみが見つかった」「事故車だった」【故障が見つかった】などの理由により、買取価格の減額を求められることです。
某有名買取店がよく使用する交渉手段で被害報告も多いのでご存じの方もいるかもしれません。

車買取店の多くは中古車オートオークションに買い取った車を出品して利益を出しているわけですが、ここで「思ったよりも利益が見込めない」もしくは「マイナス利益になってしまった場合」に何かしら難癖をつけて減額要求してくる悪徳な業者も中にはいます。
また、車一括査定など複数の買取業者と競合した場合は、多少無理してでも高い金額で車を買取るしかありません。
競合他社を無くすために、とりあえず高い金額で買取ってから減額交渉を仕掛けるという悪徳な手口となっています。
売買取引をキャンセルしたくても輸送費などを理由に高額なキャンセル料を提示。
すでに車も手元になく、他の買取業者には断りを入れてしまっているためほとんどの売り主は減額に応じるしかないという考えになってしまいます。




・査定依頼時に「後から減額しないことを約束してもらう」

これは必ず確認するようにしてください。または「再査定の基準はどこからなのか」も確認しておけば、後ほどトラブルになった場合でも対処しやすいかと思います。
※車の価値が著しく低下するような重大瑕疵の発覚は「双方が合意した契約内容と適していない」という扱いになり、売主と買主で話し合う必要があります。

・安易に減額要求に応じない

二重査定(査定)による減額を要求されたらまずは減額の理由を明確に提示するように要求しましょう。
冒頭でも述べた通り、とりあえず高い金額で買取って後から難癖をつけて減額要求をしようとする悪徳業者がいます。
例えば「修復歴がみつかった」と言われたら、写真とともに提示してもらうように要求しましょう。
また、トラブルに発展しそうになった場合はまず【JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)】へ相談してみるのがおすすめです。
完全無料で相談できますし、車買取のトラブル相談経験も豊富なのできっと解決の役に立つかと思います。


・不具合個所や修復歴がある場合はしっかりと伝える

車の価値が大きく変わるような瑕疵がある場合は必ず隠さずに伝えましょう。
隠したり嘘をついたりすると売り主に責任が問われ最悪の場合は損害賠償請求のリスクが生じます。
特に【修復歴車、メーター改ざん(走行メーターの巻き戻し)、水没車、オールペン車両(色替え)】はその場ではバレなくても後ほどほぼ間違いなく発覚しますのでトラブルを回避するためにも必ず伝えましょう。
事前に伝えていれば減額交渉に応じる必要はありません。

・二重査定無しの買取業者を選ぶ

現在では二重査定(再査定)無しを公言している車買取店が多く存在しています。二重査定(再査定)が有ると噂が多いのは大手買取店だと【ガリバー】と【ビッグモーター】くらいでしょうか。
二重査定(再査定)を絶対に避けたい場合は【MOTA】と【カーセブン】の利用がおすすめです。
次の項目で詳細を説明します。

車一括査定MOTAおすすめ

 MOTAの特徴

MOTAはオークション形式と一括査定を組み合わせたようなユニークなサービスとなっています。
車の情報を入力すると最大20社の車買取業者がネット上で概算査定額を提示。高額査定を出した3社で競い合うことになります。
通常の車一括査定とは異なり、電話対応も上位3社のみからとなりますので、しつこい電話もありません。
また、入札下限金額以下での買取の禁止(買取店都合の減額禁止)、ユーザーからの売却キャンセルの拒否、キャンセル料等徴収の禁止のルールがあり売り手に寄り添ったサービスになっています。

  • 契約後の減額は無し
  • キャンセル可能(キャンセル料無し)
  • しつこい営業電話無し



 カーセブンの特徴

カーセブンは二重査定無しを公言している車買取店です。
全国に150店舗以上を構える大企業であり、インターネットの口コミを見ても高い評価が多くおすすめできる買取店です。
ユーザーが安心して車を売却できるようなサービスが充実しており、中でも契約後のキャンセルは7日間まで受け付け可能というサービスはかなり珍しいかと思います。もちろんキャンセル料は発生しません。

  • 契約後の減額は無し
  • 7日間までキャンセル可能(電話1本で可能)
  • 契約後でもキャンセル料無し
  • 当日中に前払いをしてくれる(買取金額の50%)